上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017
01
21

5周年!

2017年初ブログ。


定期的に更新する予定ですので、ちょくちょく見ていただけると幸いです。


昨年は、クォータースターコンテストに注力した一年でした。


これからも、自分達がワクワクするような企画を作り続けていくつもりです。


応援よろしくお願い致します。


さて、ムームー企画は今年で設立5周年です。

元々、僕が好きな俳優やスタッフを選んで好き勝手やっている1人ユニットでした。

今は、海汐浩二、浦部紗加、八藤後俊亮と僕を合わせて4名の劇団です。

2012年に旗揚げして、2015年に劇団となりました。

自由気ままにやっていたんですが、劇団になった意味とはなんだろうと考え続けていたような気がします。

そんな時、浦部から提案があって定期的な稽古をすることになりました。

僕的には、これがすごく良かった。それなりに緊張感があったし、僕も出来る限り伝えようとした。

台本のブラッシュアップのために三ヶ月くらい、みんなとあーだこーだと言い合ったり。

なんとなく、相手に届く言葉がわかってきたり。

毎月1回ミーティングして、これからの方針を話し合ったり。

それでも、思惑が違って衝突したり。

ムームー最後の良心、ヤーゴマン(八藤後)が間に入ってくれたり。

うなぎおごってくれたり。

昨年は、団体のルールみたいのも軽く決めました。

少しずつ、劇団らしくなってきた・・・・・ような気がしております。

嬉しく思っていますよ。

5周年の我々をどうか見守ってください。

そして、劇場に足を運んでいただけると泣いて喜びます。

めんどくさかったら泣かないです。はい。


とにかく今年は、スペシャルな一年にしたいなと思っております。


どうか、ムームー企画を頭の片隅に置いておいてください。そして、たまに中心に移動してもらってと・・・・・。

さ、、、、、今年の予定ですが。

上半期、映像作ります!

目指す映画祭が決まりました~。

ドローン飛ばすぞー。

目指すものはロードムービー。

僕達は、旅をします!そして、成長するのだ。

そして、12月。舞台もやりますよー。

QSCノミネート映像作品「花が舞う」を元にしたお芝居をやります。

すごく、普遍的な話しで家族のことを中心に描いたものになりそうです。

きっと、楽しめるし共感出来ることが多い芝居になると思います。

是非、ご覧ください。


ただ!


今は、こっちに注視してください!



それはこちら!



ジャン!!

web用 keikoba


新年1発目の活動!浦部主宰のけいこばProjectです!

以下、詳細!

けいこばProject
第1回プロデュース公演
『1たす1は1よりも小さくなるなんて思わない』
*「思い出」にまつわるコント+短編4本立て

【公演日程】
2017年2月11日(土)~12(日) 全5ステージ

【会場】
プライムシアター(http://prime-theater.com/)
〒164-0012 東京都中野区本町4-1-1 サンコーポB1
東京メトロ丸ノ内線「中野新橋駅」徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線「新中野」徒歩9分

【タイムテーブル】
2月11日(土)13:00/16:00/19:00
2月12日(日)13:00/16:00
※上演時間は約80分を予定しています
※受付開始は開演の30分前です

【チケット】
一般:1800円
高校生以下:500円
*当日・前売り共通

予約URL:https://www.quartet-online.net/ticket/keiko8
【キャスト】
石田雅俊
川田 智史(劇団16号線)
田原慎太郎
土田みつき
たにおかすすむ(特別出演)

【スタッフ】
脚本:Q、武井ケンジン、中野 守(中野劇団)
企画・演出:浦部紗加
演出助手:岡村俊輔(ムームー企画)
音響:鷹取滉平
照明:板倉葵
フライヤー:のせ
企画協力:たにおかすすむ
制作:けいこばProject

【URL】
Twitter:@keiko8_p
HP:http://fly8.jp/keiko8/

この公演、なんとクォータースターコンテストでお会いした中野劇団さんの脚本をお借りします。


とても面白い。笑った。


今回、演出助手という役職だけど制作もやっています。

受付におりますので、差し入れ大歓迎です。

浦部紗加の初主宰。そして、初演出でございます。

どうか、賑やかにやりたいと思っています。

花も大歓迎。

差し入れも歓迎。

お客さんはもっと大歓迎。

このさい、猫も歓迎しますよ。

一席も余らせたくない。

是非、ご予定に入れてください。

よろしくお願い致します!


岡村俊輔
スポンサーサイト
2016
12
31

今年を振り返って

今年も、ついにあとわずか。

毎年ギリギリではありますが振り返ります。

まず、劇団員の外部出演について。

三月。セミナーズ2013さん。

S__18448490.jpg


劇作家が集まり、それぞれ一本ずつ短編作品を発表するスタイルでした。

浦部は、小谷陽子さんが演出する「高層心中案内」に出演しました。浦部初ダンス。

セミナーズ2013さんは、僕も受講した戯曲セミナーの卒業生が中心になっている団体のようです。

ちょっとした親近感。

そして、入れ替わるように僕もお芝居に関わります。

S__18448477.jpg


4月。僕は、市民ミュージカル「憲法劇」に演出助手として参加しました。1200人以上の動員。実行委員の方々は、とても大きな仕事をされたと思います。お疲れ様でした。


貼り紙を汚す作業は、地味だけど楽しかった。
S__18448482.jpg
S__18448480.jpg

お父さんスイッチみたいのも作った。
S__18448484.jpg

S__18448479.jpg

憲法劇が終わってから、本格的にクォータースターコンテストに向けて走り出す。

「花が舞う」を製作するにいたって、様々な打ち合わせやリハーサルを行いました。

ムームー企画にとって、はじめての映像でしたので今まで以上に慎重にスタートした企画だったと思います。

打ち合わせ風景

S__18448476.jpg

左カメラマン 久保
右 岡村

S__18448470.jpg

S__18448474.jpg

簡単なイメージの絵なんだけど、今見るとそのまま作品に活かされている箇所もあって面白い。

その後、久保とともに撮影場所へ。

あーすれば良いかこうすれば良いか・・・・・。と、悩む。

そして、限界がくる(笑)

S__18448458.jpg

6月になり顔合わせ。本読み。

7月から撮影開始。

入ってすぐに問題が発生。

暑い。もう、やばい。

出番待ちが苦痛。

サウナ。プロジェクターの熱風やばい。

なんていうか、いろいろやばい。

そんな中から解放された瞬間。
『花が舞う』メイキング_2166

打ち上げ!
『花が舞う』メイキング_6929


出来上がった作品はこんな感じです。
良かったら是非見てください!

スナップショット 4 (2016-08-10 2-59)
スナップショット 2 (2016-08-10 2-51)

スナップショット 5 (2016-08-10 3-05)

タイトルは「花が舞う」です。
15分程の動画でして、長回しの一発勝負。一切、編集はしておりません。

http://entre-news.jp/2016/08/31403.html

コンテストの結果、我々は96本中の4位で終わりましたがムームー企画にとって大切な作品となりました。

今年が終わります。

そして、来年。映像と舞台。両輪で活動していく予定です。

皆様、よろしくお願い致します。

さようなら2016

さあ、やってこい2017

また、来年もよろしくお願い致します。

s-DSC00468.jpg


ムームー企画 岡村俊輔
2016
11
09

定例稽古

今年の1月か、2月あたりでしょうか。

定例稽古をやるべきだ。

という声が上がってきたのです。

浦部からの提案でした。

どうせやるならと思いまして、自分の持ち合わせている方法論を全部伝えるつもりでやりました。

ただ、5月、6月あたりで映像作品「花が舞う」を制作するにあたって中断。

9月は集まれず10月からの再開となりました。

僕らの稽古は、サイレントの稽古が中心です。

余計なことをせず、シンプルに芝居をすることを目指します。

S__1245188.jpg

難しいのは、それをわかるように伝えること。

しかも、簡単な表現に逃げないこと。嘘くさくなっちゃうから。

S__1245190.jpg

僕もだけど、みんなも頑張らんと。

劇団員という理由だけでは、ムームー企画の公演に出られないから。

そういうの回避したくて、やっているわけだし。

次回は、今週の土曜日。

S__1236996.jpg

さ、どうなるんでしょうか。僕も、沢山考えて稽古メニュー作ります。

岡村俊輔
2016
09
14

ちょっと、ややこしい出演情報

座付きの作曲家、八藤後俊亮の化身が出演致します。

以下、謎の告知文です!

どうも。作曲担当の八藤後です。

今月22日に下北沢BREATHにて僕の化身ヤーゴマン・オブ・フェニックスがベースで参加しているバンド、プレスターズのライブがあるのでお時間ある方、是非いらしてください!

巷ではSMAPの後継者はプレスターズではないかと噂されているようです。

BREATHライブイベント「Free as a bird!」

9/22(thu)
open:18:30
start:19:00
charge:¥2000+drink

下北沢 BREATH
住所:世田谷区北沢2-14-7-3FTEL:03-6450-8435
http://breath335.com

プレスターズ HP
http://presterjohnes.jimdo.com

宇宙のマスター(live)
https://youtu.be/yQyi2cS1s0Q

化身のことは、僕もよくわかりませんが本人はギター、ピアノ、ベース、ドラムとプレイヤーも出来る人です。

ここで、音源を聞くことが出来ます→サウンドクラウド
作曲のご依頼ありましたらこちらまで→yagolabel@gmail.com

映像作品「花が舞う」でも、作曲とオペを担当致しました。

是非、映像もご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=3sU7XoGM1Gs

興味が出たら、まず化身を観に来てください。

きっと、良いことあるよー。

岡村俊輔

♯QSC5 ♯プレスターズ
2016
08
02

撮影終了

先日、撮影が終了致しました。

これから、公開に向け準備を進めて行きます。

よろしくお願い致します。

今回の作品は、15分のカット割りなしの長回し。

クォータースターコンテストという企画があり、15分以内という時間制限、カット割りなしというのが主なルールとなっています。

ご参照ください。

面白い企画です。

http://entre-news.jp/qsc

我々の作品タイトルは「花が舞う」ですご期待ください。

以下、初稽古から撮影までの流れです。
こんな感じで進んで行きました。

7月6日

主演の山元駿くん(以降ヤマ)のみの稽古。

今回の映像は、カット割りがない長回しなのでリハーサルを重点的に行う。

久しぶりに、ヤマの芝居を見る。

カメラに対しての芝居と対面の人間に対しての芝居は違うことをヤマから教わる。

演劇と映像の違いを実感した一日だった。

『花が舞う』メイキング_4503

7月10日

はじめて、全員揃っての稽古。

『花が舞う』メイキング_3495


『花が舞う』メイキング_1620

手探りな一日。

カット割りが出来ないルール。ということは、場面転換をなんらかしらの工夫で乗り越えなければならない。

カメラマンの久保と何度も試す。

簡単な方に逃げない。

海汐浩二(以降ウミ)田中勝彦さん(以降かっさん)さん、恩田千鶴さん(以降おがさん)、木村衣織さん(以降いおりん)が合流して製作は進んで行きます。

7月16日

主に、芝居の稽古がメイン。
簡易的な照明も入れて試した。

とても演劇的。

通常、映像の照明はキーになる光源があって(日差しなど)、そこに増幅する形で照明を作り込むらしい。

『花が舞う』メイキング_6381

『花が舞う』メイキング_4791

テレビとカメラを繋げて、モニターとして使う。

何度も、何度も見せ方を確認する。

照明が入ったことで、とても場面の違いがハッキリした。

みんな、汗だくで待機している。

しかも、夏なのに衣装は春先。

回想シーンに関しては冬。

俳優の皆さんは、しんどかったはず。

お疲れ様でした。

7月20日

初通しの日。

この日、僕は緊張していました。

出来る限りやりたいことは詰め込んだ。

あとは、繋げたときどう見えるか。

昼頃から、シーンごとのリハをする。

夜になり、すべてのシーンのリハ終了。

通し。

この日、とんでもない事実に気づかされる。

絶望的なラップタイム。

『花が舞う』メイキング_1730

あれ、制限時間15分以内がルールだよね?



立派なショートムービーが出来てしまいました。

このままでは、撮影なんか出来ない!となり、緊急の稽古を追加することが決定。

7月27日

台詞のカットを沢山した。

シーンのカットも。

全員、緊張。

そして、やっぱり暑い。

何度も、シーンのリハーサルをする。

2回通した。

最速タイム

『花が舞う』メイキング_3437


まだ、あと10分。

7月31日

この日は、撮影日。

当日、雨が降るとの予報もあり午前中から午後にかけてリハーサル。

映画「セッション」Tシャツを着て、気合いを入れまくります。

『花が舞う』メイキング_8858

『花が舞う』メイキング_985

カメラマンの久保。すっごい機材だねえ。こんなの、はじめて見たよ。

オーバーした10分を削るために、様々な「編集」をしました。具体的には、台詞のカットやシーンのカットなど。

でも、よりテーマが際立つというか、削ることで見えてくるものがあるんだなと実感しました。

映画とか、10時間くらいある映像を2時間ぐらいに編集して面白いのは、ぶれないテーマがあるからなんですよね。きっと。

撮影開始。

最初のタイムは18分。

でも、希望が見えるタイム。

演出も変更をかける。俳優と相談中。

『花が舞う』メイキング_8026

『花が舞う』メイキング_8729

そして、ついに14分台へ!

『花が舞う』メイキング_3610

やりきった!

様々なプレッシャーから解放された人々。



お疲れ様です!

そして、打ち上げ!

『花が舞う』メイキング_1314


撮影 いおりん


この企画は、2月から始まって撮影までに半年をかけました。座組にも恵まれ、素敵な時間を過ごせました。感謝致します。また、G/9-Projectの皆様に装置の提供もしてくださりました。ありがとうございます。

公開に向けて、準備致します。

各方面からのご支援嬉しかったです。

何卒、ムームー企画「花が舞う」をよろしくお願い致します。

まもなく公開です。

ムームー企画 岡村俊輔

プロフィール

ムームー企画

Author:ムームー企画
横浜の演劇団体です。

2015年から劇団へ。

現在、映像作品を作っております。

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。