上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016
06
30

新企画!


久しぶりの更新です。

ムームーの新しい企画がスタートしました。

なんと、映像作品を作ります。最終的には、コンテストに応募する予定です。

6月26日 顔合わせ

俳優のみなさんと顔合わせ。

本読みの時、声を聞いて確信しました。良い作品になるぞ。


顔合わせが横浜開港記念館。素晴らしい建築物だった。むしろ、ここで芝居したい。

顔合わせのメンバーです。



左から、田中勝彦さん(プロジェクト夢樹)、恩田千鶴さん(G/9プロジェクト事務所)、海汐浩二(ムームー企画)、岡村、山元駿さん、八藤後俊亮(ムームー企画)、後ろの段にいらっしゃるのが木村衣織さん(チリアクターズ)です。よろしくお願い致します。

その後は、行ける人で親睦会。

それぞれの劇団のことが聞けて楽しい。

みなさん、夜遅くまでお疲れ様でした。

翌日、6月27日。 

劇団員の八藤後とともに、車で映像で使用する声の収録場所へ。

と、その前にお蕎麦屋さんで食事。

三代目佐久屋さん。改装したら、カフェみたいになっていました。




おしゃれ。相変わらず美味しかった。

食べ終わり、車の中であーでもないこーでもないと段取りの確認。

待ち合わせ場所に30分も早く着いてしまい車内で寝る。

指定の場所で、出演者の不破励子さんと合流。

車で収録場所へ。

不破さんとの出会いは、憲法劇という市民参加型ミュージカルの現場でした。

稽古場で、お芝居に慣れているなあと思っていたら昔劇団で女優さんをされていたそうです。

今回は、声のみの出演です。
参加していただき、本当にありがたい。


こんな感じで収録しました。




ラジオ番組のブースみたいです。実際、いろいろお話も聞けて楽しかった。
不破さんの世代と、一緒に作品が作れることがとても嬉しい。

順調に、声も収録できました。

帰りの車中で、不破さんが携帯の使い方がわからないというのでレクチャー。

不破さんを区役所の前で降ろして、お疲れ様でしたと声をかけて解散。

名残惜しくて、僕が窓から手を振っていたら気がついてくれて嬉しかった。

人との繋がりで作品が作られていく。

それを実感した1日。


その後、21時から横浜で劇団員の浦部と小道具の打ち合わせ。

なんやかんやで、終電で帰宅。

この時、選択肢は「寝る」というコマンドしかなかった。

すぐにグッスミン。

岡村俊輔
2015
12
31

今年を振り返る。

もう、まもなく今年が終わります。

本当、沢山いろんなことがありまして。

ざっとお話したいと思います。

まず、2015年ムームー企画は人知れず劇団になりました。

2014年までは、公演の度に俳優を集めるスタイルでしたし、企画から脚本・演出も僕がやるというスタイルだったのです。

団員が僕と、小葉都しかいませんでしたので、あまりだいたい的に発表することでもないか・・・・と、僕は思っていたので、小葉都が所属俳優になったことだけみなさんに伝えました。

その後、ずっとムームーに出演していた海汐が劇団員になり「空と、星と、」の終演後、楽曲担当の八藤後さんが、劇団員になりムームー企画は合計4名の劇団となりました。

そこそこ、まとまった人数になりましたのであらためてご報告致します。あと、すいません。ややこしいですが、我々は劇団ですがムームー企画と名乗ります。よろしくお願いします。

あと、もう一つお伝えしたいことが。小葉都圭子が改名致しました。浦部紗加だそうです。

電車でこばけい

よろしくねっていう感じの写真を載せておきます。

さて、今年は僕にとっても挑戦の年でした。
また、浦部は初めて劇団員という立場で公演に挑みました。

まず、最初に・・・・・・。

こばけい

U/30-project

浦部が、客演として出演しました。
主宰の一平くんは、うちにも出演してくれました。
僕は、当日お手伝いになってるんだか、なってないんだかわかりませんでしたけど、みなさんの応援をしておりました。

また、僕個人としては演出としてはじめて外で活動しました。

須藤くん主宰ガムシャニズム。

201506290217058bc.jpg
20150629021746dad.jpg

とても、素晴らしい俳優さんに恵まれた座組だったと思います。
たっくさん、助けられました。
最後まで、一緒に付き合ってくれた皆さんに感謝したいです。
本当に、ありがとう。

終わった後、すぐにムームー企画。

第5回公演「空と、星と、」

仮チラ

仮チラシ 第5回公演

本チラシ

0001.jpg


美術家の生井沙織さんとのコラボ企画。
ライブドローイングと演劇の組み合わせ。

やってみてわかることが、沢山ありまして。
見積もっていた以上の効果を得られたり、可能性が広がったり。
生井さんの力に引っ張られた部分が多くありました。
今回、この企画の素晴らしかったところは最後まで芝居とドローイングが離れないように、一緒に最後までお付き合い出来たことが大変嬉しかったですし、生井さんに感謝しきれません。ありがとうございます。

また、大道具などをお借りしたりと周辺の環境に大変助けられた公演でした。

様々なご協力、ありがとうございました。

おかげさまで、ほとんどのステージが満席でした。
狭い劇場で、お客様は窮屈だったと思います。
ご迷惑をおかけ致しました。

アンケートで、劇団に対してのご指摘もあり、次回の公演に活かしていきたいと思います。

こんなお芝居でした。

s-P1000868.jpg
s-P1000825.jpg
s-P1000833.jpg
s-P1000905.jpg

また、忘年会したいですね。

S__201998343.jpg

さようなら。2015。

さあ、やってこい。2016。

素晴らしい一年になりますように。

来年も、よろしくお願い致します。

ムームー企画 岡村俊輔
2015
10
20

空と、星と、終演

s-P1000627.jpg
s-P1000681.jpg
s-P1000833.jpg
s-P1000825.jpg



ムームー企画第5回公演「空と、星と、」にご来場していただきありがとうございました。


今までの作風とは、かなり違ったので驚かれた方もいたのではないでしょうか。


今回は、ライブドローイングもありいろいろと、新しいことにも挑戦しました。


劇団としての反省点も多く、これからの運営も見直していくことになりそうです。


もっと、より良いものを皆様に見せるため時間をかけて作り込んでいきたいと思います。


ドローイングで参加してくださった生井さん、客演の皆様、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。

そして、ご来場してくださったお客様には感謝しきれません。もっと、良いものを作ります。ありがとうございました。

次回公演は、まだ未定です。

いつか、また芝居をします。

その時は、どうぞよろしくお願い致します。

岡村俊輔

s-P1000905.jpg
ご予約を頂きました皆様へ。
また、これからご観劇を検討中の皆様へ。

大変、遅くなりましたが、今回の公演場所『横浜STスポット』への道中のご案内を致します。

◆STスポット
横浜駅から徒歩約8分
〒220-0004 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビルB1

map.gif


横浜駅西口から、左手高島屋沿いに左に進みます。
道案内用画像1
道案内用画像2


交差点に着いたら、左前方のJTBへ。
道案内用画像3

横浜信用金庫の大きな看板を目印に前進します。
道案内用画像4

一つ目の信号を渡ると、目の前の大きなグレーのビルがあります。その地下一階に会場がございます。
道案内用画像5
道案内用画像6

お気をつけてお越しください。
ご来場をお待ちしております!

ご予約の変更やキャンセル、遅刻などがございましたら、お早めにご連絡をお願いいたします。
メール:mumukikaku@yahoo.co.jp
電話:090ー6706ー9568

ご予約まだまだ受付中!
https://ticket.corich.jp/apply/66383/
2015
10
14

キャスト紹介~⑤ 市原一平 ~

ムームー企画第5回公演「空と、星と、」キャスト紹介最後の五人目は、市原一平さんです。
人当たりよくシュッとしているように見える彼ですが、実はナイーブな面もある!らしいのです。
お話を聞いてみました。







市原一平(イチハラ イッペイ)
神奈川県茅ヶ崎市出身
1991年5月24日生まれ
双子座
O型
178cm
趣味 ゲーム
特技 暗記
気になる俳優 生瀬勝久



──「まず、今回の作品とご自身の役柄について聞かせてください。」

(市原)「本当ざっくりと言ってしまうと、大人たちが学生時代を振り返るお話です。こんな青春あったなーと、ふと振り返られるような作品じゃないでしょうか!
役柄については、うーん、こちらもざっくりと(笑)
夢を追いかける男ですね。なんというか、周りの人たちの優しさにあてられて、常日頃からヒリヒリ感を感じている私に近い役柄だと思っております。
作品も役柄も、根暗な僕には眩しすぎて直視できないですね、はい。
眩しいながらも、ちゃんと向き合ってはいます!」


──「根暗なんですか!今回、高校生の役だったりもしますが、高校生の頃の根暗エピソードってありますか?」


(市原)「高校生の頃はもう、演劇しかしてなかったですね。勉強やら学生生活やら友人との交流やらそっちのけで。演劇部に所属しておりましたが、その演劇部も全然面白くなくて、劇団に入り浸ってました。
根暗エピソードと言えるほど大層なものはありませんが……あ、そういえば、高校の文化祭は参加したこと無いです(笑)あとは、未だに人と目を合わせて話すことが出来ません(笑)
根暗、ネガティブ、コミュニケーション能力の欠如、三拍子揃った人間でした、いや、ですね!」


──「そうなんですね!飯塚はそれと真反対な感じがするのですが、役作りはどういうふうにしたんですか?」

(市原)「役作りは、こうあれたらもっと学生時代を楽しく生きられたなーという願望、妄想、後悔などなどの感情で出来ていきました。
役作りなんて言えるほどしっかり考えたわけでも無いのですが、今、稽古場で学生生活をエンジョイしてたらこんな役出来ました、みたいなそんな感じです(笑)」


──「なんだか前半は涙を誘う内容ですが……ネガティブでもエンジョイできる!ということですね!
では最後に、この記事をご覧になられている皆さんにメッセージをお願いします。」


(市原)「どんな人も、よほどのことがない限り学生生活を送ってきていると思います。
どんな学生時代であれ、どんな思い出であれ、それはこれからの人生の糧となる、なっているはずです。
これから送るであろう生活も、同じだと思います。
今を大事に生きるということを改めて思い出させてくれる作品だと僕は思っています。是非とも劇場で、その想いを共有しましょう!
STスポットで僕と握手!」




【公演概要】

ムームー企画第5回公演「空と、星と、」
脚本・演出 岡村 俊輔

10月15日(木)19:30
16日(金)15:30(平日昼割)/19:30
17日(土)13:00/17:30
※受付開始は開演の50分前。開場は開演の30分前。

会場:STスポット横浜
横浜駅から徒歩8分。
横浜駅西口から、左手高島屋沿いに左に進む。交差点に着いたら、左前方のJTBへ。横浜信用金庫の大きな看板を目印に前進。一つ目の信号を渡る。目の前の大きなグレーのビルの地下1階。

料金
一般 2,300円
学生/平日昼割 1,800円
高校生以下 1,000円
※すべて前売り・当日共通
※学割をご利用の方は必ず受付にて学生証のご提示をお願いいたします。

チケット予約:
https://ticket.corich.jp/apply/66383/



キャスト
市原一平(G9プロジェクト事務所)
海汐浩二(ムームー企画)
菰田孟治
田原慎太郎
金澤杏実
小葉都圭子(ムームー企画)
土田光季

ライブドローイング 生井沙織


スタッフ
舞台監督 須藤旭
照明 岡村潔
音響 根岸裕
楽曲 八藤後俊亮
宣材写真・動画 久保充弘
フライヤー 竹井賢
演出助手 新樹理久
制作 浦部紗加

●あらすじ
大人になった同級生が、同窓会で10年ぶりに地元へ帰ってきます。
そして、思い出は語れるのに、その時に感じた感覚的なものは再現することが出来ないことに気が付きます。
自転車に乗って、駆け抜けた通学路。
修学旅行で、ホテルを抜け出したこと。
体育祭で、大縄飛びに挑戦したこと。
卒業式の日、なぜあれほど涙が出たのか。
思い出はただの出来事の記憶となってしまっていて、それに気がついてしまった大人が思い出を一つ一つ確かめていく物語です。

特設サイトURL:http://soratohoshito.moo.jp/
Twitter:@mumukikaku
ブログ:http://mumukikaku.blog.fc2.com/
Facebook:https://m.facebook.com/profile.php?id=338969476239922



文責 あらきりく

プロフィール

ムームー企画

Author:ムームー企画
横浜の演劇団体です。

2015年から劇団へ。

現在、映像作品を作っております。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。